適用範囲

建設技術審査証明の範囲を考慮した時のポストヘッドバーの適用範囲を表-1に示します。
多様なポストヘッドバーの径・材質での施工が可能です。

 

表-1 ポストヘッドバーの適用範囲
主な補強目的 レベル2地震時のせん断耐力向上
ポストヘッドバーの径 D13、D16、D19、D22、D25、D29、D32
ただし、両端円形プレート型を使用する場合および機械式継手型を使用する場合は、現在の審査証明では、D13、D16、D19、D22に限定される。
ポストヘッドバーの材質 SD345、SD390
(SD295A・Bには対応していない)
主な対象構造物と部位 地震時の応答が周辺地盤の挙動に支配される地中構造物の壁、壁付き柱、底版、頂版およびこれらに付随する梁(はり)
施工後の変形性能の
照査を行った上で
適用可能な
対象構造物と部位
  • 堰、水門などの底版部や立上りの壁部
  • 背面が地盤である橋台
  • 鋼板巻き立て・RC巻き立て工法等による耐震補強が困難な周辺環境・立地条件下にある橋脚
  • 地下部から連続して立上っている地上部の構造物
  • 地中構造物の変形性能の照査が必要とされた部材
    など
適用できない構造物と部位 地震時に大きな変形を許容する必要がある構造物・部位